どれぐらい肌ケアを頑張れば、加齢を止められる?

元々美人でもなければ、可愛くもないので、今更シミやシワガ増えたところで大して変わらないと思ってました。
そう、思ってたんです。すい5年ほど前までは。
でも、大して可愛くもない人間にシミやシワが増えると、それはもう見るに堪えない感じになるんじゃないかと。
鏡で頬の辺りにもやっとしたシミを見つけた時にそう痛感しました。
シミもシワも、ある程度は仕方ないって諦めている部分があったので、ろくなケアをしてこなかったせいだと言うのも充分分かってます。
若い頃は、それで綺麗になるわけじゃなし…って思ってたんですよね。
違うんですよね。そう言うんじゃないんですよね。
ケアって言うのは、今より酷くならないように、言い換えれば、それなりの現状を維持するためにするものだっていうこと。
5年後、10年後のことを考えてケアなんてしたことがなかったですし、私たちの時代はそんな風にスキンケアを捉える感じでもなかったんです。
ピンと張った20代の肌に戻れなんて、こがましいことは考えていませんけど、せめてこのまま加速して行くのを止められるならと。
やはり安いものばかり選んでいたらいい結果にならないんじゃないかと、
この際だからある程度結果に期待できる美容液を探しました。
テレビでよくやっているドクターリセラ透輝の滴買ってきました。
使ってみるとさらさらしていますが何となく顔が明るくなってきたんですよ。
さてさて私の加齢対策始まったばかりです。
保湿だけでも頑張ろうと努力をし始めました。
遅すぎることはない!と、信じたいので。
結果は、それこそ5年後か10年後にしか分かりませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です