私のニキビケア歴史色々

私は学生時代に思春期ニキビに悩んでいました。
ニキビは頬やおでこ、あごによくできていて、常にある感じでした。

ニキビを治そうと思っていろいろな商品を試しました。
まずはオロナインを使いました。オロナインはベタベタしている感じがありましたが、塗り続けると少し改善されました。
塗るタイプのものでは、他にはビフナイトを使っていました。ビフナイトは液状で透明だったし、ポンポンと直接塗るタイプだったので、使いやすかったです。オロナインは夜に塗って、ビフナイトは朝に塗っていました。

夜のケアは洗顔で「アクネス」を使っていました。アクネスは少し独特の香りがしますが、すぐに気にならなくなりました。
洗うととてもサッパリしていて、脂性だった私の肌はベタベタする事もなく、洗い上がりはスッキリしていました。
アクネスの化粧水も使っていました。粉が沈んでいるので、振ってからコットンにつけて、肌にたっぷり使っていました。スーッとして気持ちよく、とても良かったです。
私はニキビが気になってしまい、手で触ってしまったり、隠そうとして手で覆ったりしていたのですが、それもよくないと気づきました。手にはばい菌がいっぱいついているので、清潔にしないとニキビは消えてくれないのです。
しばらくして友人に、ニキビケア商品エクラシャルム口コミで評判だから使ってみたら?
と勧められ使っています。

使って1週間くらいで改善してきました。これならはじめからエクラシャルム使っておけばよかったかもです。反省

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です