乾燥肌&敏感肌が悩み

現在、31歳です。
元々、すごい乾燥肌&敏感肌で強い刺激のある化粧品は肌荒れや、吹き出物、痒みが起こる肌です。
長年、気をつけて値段の高い敏感肌用のファンケルやRMKなどを使っていました。
しかし、20代後半から急に今までの化粧品が肌に合わなくなり、荒れたりするようになりました。
肌が荒れると、表面が傷ついてガサガサになるので、肌に優しいはずのいつものクレンジングやメイクでさえ染みます。
そして、さらに荒れるという悪循環に入っていました。
そんな時に、真っ先に辞めたいと思ったのがオイル系のクレンジングです。
洗浄力は高くていいのですが、洗い終わった後の乾燥がひどく、これをオーガニック系のクレンジングミルクに変えました。
しかし、クレンジングミルクでは、それまでの濃いメイクを落とすことができず、メイクも薄めにしました。
それまで濃かったメイクをccクリームとお粉だけにしたので、クレンジングが優しくできるようになりました。
最初は薄メイクに抵抗があり、外に出るのがなんとなく恥ずかしかったですが、それを半年続けていると、肌がどんどん綺麗になっていきました。
私の敏感肌&乾燥肌は、濃いメイクによるクレンジングのし過ぎだったと気付きました。
今は肌の表面が綺麗になったので、薄いメイクでも全然平気です。
クレンジングと洗顔って、美肌作りには凄く重要だと思うので、毎日しっかり泡だてして、洗い流す際は、物凄く優しいタッチで洗っています。
また、薄いメイクにより、朝の洗顔も要らなくなったので、今は夜の一回のみ心を込めて、30分程かけて洗顔を行なっています。
今度使いたい化粧品はこちら

薄毛の悩み髪の毛増やしたい

私は薄毛に悩んでいます。私の場合はてっぺんから来ています。まあきているって言ってもそんな・・そんなきてないし!すいませんかなりきてます周りからは斎藤さんって呼ばれます。名前で呼んでもらえませんが斎藤さんかっこいいので悪い気はしません。しかしまだ20代なのでさすがにケアだけはしておこうと思ったんです。その前に薄毛の人の心境を知ってもらいたい。私の場合はまず人の目線が気になります。相手と話しているときに目線が頭にいきます。気づいていますよ。あれ地味に傷つくんですよね。いっそのことイジッテくれたほうがどんだけ楽か。あとは無邪気な子供が天敵です。公園などで休憩していると遠くから「斎藤さんいるー!斎藤さんだぞっ」って言ってきたやつがいます。お母さんが「こら!見ちゃダメ!」って言ってました。なんだよ見ちゃダメって!見てもいいから!ハゲなんて珍しくないだろ!と心で中で思っている時も子供はずっと斎藤さんポーズをしていました。私は薄毛だからダメなのだと自分を責め、導き出した答えは育毛剤ナノインパクト100定期購入。もしかしたら希望はここにあるのかとわらにも縋るおもいでとにかく説明書どおりにしてみました。それは薄毛の浸食が加速しただけで終わりました。斎藤さんだぞ・・・

朝になると身体が怠くて起きれなかったあの頃…今になって思う事とは。

子どもの頃は誰しも、嫌な事があるとお腹が痛くなるという経験をした事があるのではないでしょうか。
私の場合は腹痛ではなく、現れた症状は身体の怠さでした。
怠くて、朝布団から起きられなくなるんです。

初めて経験したのは、高校に入学して1か月程が経過した頃でした。
私が進学したのは、県内でも歴史のある女子校で、いわゆる進学校と呼ばれている学校でした。
中学校までは公立の共学の学校に通っていたので、見渡す限り女子という風景に圧倒された事を覚えています。
自然と友達が出来るだろうと思っていた私は、席が近くなった女子たちとおしゃべりをするようになりましたが、残念ながら、あまり気の合う子はいませんでした。
席にいればしゃべるけど、移動の時やお昼の時間など、私は一緒に過ごす友達を作る事が出来ませんでした。

入学から半月程がたった頃から、学校に行きたくないと思い始め、
身体が怠く、気持ちも塞ぎがちになっていきました。
中学校は楽しかったな、そんな思いばかりが心の中を占め、
毎日の登校が辛いものになっていきました。

1か月がたつ頃には、身体の怠さで布団から起きる事が出来なくなり、学校を休むようになりました。
お昼頃になると「もう今日は学校に行かなくていいんだ」という安心感からか身体が軽くなり、
体調も良くなる、けれど次の日の朝にはまた身体が怠くて起きられない、という日々の繰り返しでした。
そしてそのまま、学校に行く事が出来なくなりました。
今では起立性調節障害という病名があるそうですね。

半年程がたつ頃には「いつまでもこうしていられない」という思いが少しづつ出てきて、
再度高校に通えるようになりましたが、半年間はそのような体調不良が毎日続きました。
起立性調節障害サプリなど今あるそうですが私の辛いときにそれがあったら
ずいぶんと気持ちが楽になったのではと思います。

社会人になった今思う事は、精神の健康状態は直接身体に影響するという事です。
きっと心が身体に休みなさいと言っていたのだと思います。
あの状態が続いていればうつ病になる可能性もあったでしょうし、非常に恐ろしく思います。
あの時の経験は一生忘れる事ができないだろうと、私は思っています。

口唇ヘルペス歴15年

発症するときはいつも風邪で高熱が出た時や激しいトレーニングをしたり、仕事で無理をして体力が落ちた時です。
食生活で気を付けていることは、鶏肉やチョコ、コーヒーなどをたくさん摂らないようにしています。
なんでもアルギニンがたくさん入っている食物を食べ過ぎると症状がさらに悪化すると聞きました。
普段から気を付けていることとしては、大好物のから揚げやチョコを食べ過ぎないようセーブしたり、疲れているときの夜更かしなどもヘルペスの発症原因にもなるので注意が必要です。
また唇が乾燥すると発症しやすいので乾燥しないように日々こまめにリップクリームを塗ったりもしています。
口唇ヘルペスになりそうな時は事前に兆候が出ます。できそうな箇所がチクチクし少しかゆみが出はじめます。
その時点で病院から以前に処方してもらった「アラセナA軟膏」を塗ったり、バラシクロビル錠(バルトレックスの後発品)を飲んでおくと悪化せずに治まること多いです。
対処が遅れて悪化した場合、水泡が破れてかさぶたになってからが最悪です。食事などで口を開けるごとにかさぶたが割れ、出血します。
辛い物や醤油、また酢のものが特に患部にしみて痛くて食べられなかったりします。
この状況は長いときで1週間くらい続き、見た目も痛々しいので困りものです。たいていマスクをしてごまかしていますが、正直不快です。一生つきあっていかないといけない病気なので、発症しかけの時に早めの対処で症状を悪化させないのがこの病気とうまく付き合う方法ですが普段からヘルペスサプリなどがあれば発症が楽になるのではと思っています。何か普段から取り入れられるサプリはないか探しています。