23時前後には就寝して睡眠改善

私はここ2か月ほどは、23時頃には床に入り寝るようにしています。4時頃トイレに行きたくなり起きますが、その後また3時間程寝ます。約8時間程の睡眠は取れている状態です。㋀の半ばごろにストレスからか三日間、つま72時間眠られなかった経験をしました。就寝時間も24時過ぎでした。母の介護の影響もあったと思います。その頃の私の肌は乾燥しているのに妙な油浮きもあるという状態で肌色も青黒く目の下にはクマができ最悪でした。そこで思い切って心療内科で受診し、軽い入眠剤を処方して頂きました。「なるだけ23時前には就寝できるよう心がけてみてください」との助言を頂きました。その日から23時前後には床に入るようになり現在に至ったています。入眠剤のおかげて゜スーッと寝付くようになり、一度夜明け前に目が覚めてトイレに行きますが、その後もまた眠れてます。朝8時前後には起床していますが、23時前後には就寝するという習慣を取り入れてから、三日目辺りから、まず目の下のクマが薄くなってきました。そして皮脂のバランスも良くなり乾燥もしなくなってきたのです。入眠剤の効果もあると思いますが、例えば眠りがやや浅く午前5時頃に目覚めても肌の状態は良好です。入眠剤の効果もあるかと思いますが、今の私にとっては入眠剤はあくまでも睡眠のサポート役です。肌の状態が良くなったのは、やはり23時前後就寝するという習慣の成果だと感じています。今後は医師と相談して徐々に入眠剤を減らして行きたいです。最近友人に勧められた再春館製薬所の飲むドモホルンリンクルなんですが、何だか睡眠と美容に良いとか薬を止めたら飲みたいと思います。